施設沿革

沿革

浜松市発達医療総合福祉センター(はままつ友愛のさと)及び浜松市社会福祉事業団の平成4年からの沿革についてご覧いただけます。

昭和56年 12月 浜松市など県西部7市による「施設整備に関する連絡会議」が組織される。
59年 2月 (仮称)心身障害者総合福祉センターとして、現センターの基本構想がまとまる。
62年 3月 施設の浜松市単独設置決定
63年 9月 基本設計委託契約締結
平成元年 4月 実施設計委託契約締結
2年 5月 造成工事開始
9月 建築工事開始
4年 4月 センターの運営を社会福祉法人浜松市社会福祉事業団に委託
6月 浜松市発達医療総合福祉センター完成
7月 センターの事業開始
5年 5月 センター付設温水プールと体育館の建築工事開始
7月 第1回 はままつ友愛のさと祭り開催
6年 7月 温水プールと体育館完成、8月より使用開始
11月 リハビリ教室開始
7年 1月 温水プールと体育館一般開放開始
8年 5月 温水プールの日曜日一般開放開始
8月 入浴サービス「ぽぷりの湯」開始
9年 5月 知的障害児保育者研修事業開始
10年 4月 通所施設に看護師を配置し、医療的ケアの充実を図る。
11年 4月 歯科相談事業開始
12月 入浴サービスにて家族介護浴開始
12年 4月 通所4施設(かがやき、はばたき、のぞみ、きぼう)における指導時間を30分延長し、午後3時までとする。温水プール一般開放(大人)に金曜日を追加する。(第2と第4の日曜日及び月曜日と金曜日とする。)
13年 4月 通所施設における医療的ケアの実施(13年3月マニュアル「医療的ケア実施の手引き」作成)
7月 苦情解決制度開始
8月 温水プールと体育館の夜間開放(大人)の試行(8月と9月の金曜日午後5時30分から8時30分まで)
14年 3月 温水プール春休み特別開放(子ども)を試行する。
4月 倫理委員会設置重度障害児者生活訓練ホームにて「子育て支援事業」を試行する。
7月 温水プールと体育館の夜間開放(大人)の試行(7月から9月の金曜日午後5時30分から8時30分まで)
10月 情報公開制度開始(センターを運営する浜松市社会福祉事業団が実施)
11月 センター創立10周年記念事業開催
15年 3月 温水プールと体育館春休み特別開放(子ども)を試行する。浜松市と一体で「社会福祉法人浜松市社会福祉事業団(浜松市発達医療総合福祉センター)経営健全化計画」(平成15年度から19年度)を策定し、これまでの事務事業の見直し及び今後の方向性を定める。
4月 相談の窓口として、「総合相談室」を設置。支援費制度の施行に伴い、身体障害者福祉センターにおける「身体障害者デイサービス事業」、知的障害者更生施設と身体障害者通所授産施設における「施設訓練等支援事業」、心身障害児通園施設における「児童デイサービス事業」を開始する。また、知的障害者更生施設にて「居宅支援事業」(レスパイト事業)を開始する。

心身障害児通園施設にて指導時間の延長。(30分延長し、午後3時までとする。)

身体障害者福祉センターにて「障害者生活支援事業」を開始する。

療育センターにて「地域療育等支援事業」を試行的に開始する。

重度障害児者生活訓練ホームにて平成14年4月から試行した「子育て支援事業」を従来からの「親子通園事業」に組み入れ、2クラス体制で開始する。

7月 温水プールと体育館の夜間開放(大人・子ども)の試行(7月から9月の金曜日午後5時30分から8時30分まで)
16年 4月 温水プールと体育館春休み特別開放(子ども)を試行する。療育センターにて「地域療育等支援事業」を本格的に開始する。
7月 温水プールと体育館の夜間開放(大人・子ども)を本格的に開始する。
8月 体育館の水曜日一般開放(子ども)を開始する。
10月 平成17年度からの木造棟施設の統合再編(経営健全化計画による)に向け,木造棟の増築工事を開始する。
17年 3月 木造棟増築部分完成
4月 木造棟3施設を2施設に統合再編し、事業を開始する。
18年 10月 障害者自立支援法施行に伴い、施設・事業体系へ移行。相談支援事業所「シグナル」、児童デイサービス施設「ひまわり」、障害者生活介護施設「ふれんず」として事業運営を開始。

「身体障害者デイサービス事業」は、地域活動支援センター「オルゴール」として浜松市より地域活動支援センター事業を受託。

19年 4月 障害者自立支援法に基づく施設・事業体系へ移行。生活介護・就労継続支援施設「かがやき」、就労継続支援施設「はばたき」として事業運営を開始。
20年 6月 浜松市が浜松市発達相談支援センター「ルピロ」を開設、事業運営を受託。
21年 4月 「社会福祉法人浜松市社会福祉事業団改革プラン(平成21年度から3年間)」を策定。浜松市発達医療総合福祉センターの指定管理を受託(平成21年度から5年間)し、利用料金制を導入。

浜松市より発達支援広場事業を受託(浜北・天竜区)

22年 4月 浜松市より発達支援広場事業を受託(中区)
23年 4月 児童デイサービス施設「ひまわり」の利用定員を40名から60名へ拡充。浜松市より発達支援広場事業(施設型)を受託
23年 9月 浜松市が「子どものこころの診療所」を開設、指定管理を受託し、9月20日より診療開始。「療育センター附属診療所」から「友愛のさと診療所」へ名称変更。
24年 3月 児童デイサービス施設「ひまわり」新園舎増築工事が完成。
24年 4月 「社会福祉法人浜松市社会福祉事業団改革プラン(平成24年度から3年間)」を策定。児童福祉法の改正に伴い、児童発達支援センター「ひまわり」へ事業移行。利用定員を60名から80名へ拡充。